ハイドロキノンの効果はどんなものなの?

5621acc00ca403a7d1ab7278e2fa84f6_s

ハイドロキノン、なんとなく聞いてこともあるけどどんなものかと言われると良くわからないという人が多いのではないでしょうか。

化粧品や医薬品などに含まれている成分となりますが、それだけでなくイチゴ、ブルーベリーといったものにも含まれている物質となっています。

口にするものに含まれているものですから安心して使えそうと思ってしまいがちですが実はちょっと注意も必要なものですから、化粧品に含まれているハイドロキノンは2%までそれ以上となると医薬品となり石ノ処方あ必要となってきます。

ハイドロキノンにはいったいどのような効果があるのでしょうか。効果に関してはアメリカなどではよく知られているものとなっており肌の漂白剤として認識されています。

肌の漂白剤ってどういう意味なの?

ハイドロキノンは肌の漂白剤とも言われているように美白に期待できる成分となります。そのため化粧品などで美白効果のあるものなどに含まれている成分となっています。

とはいっても配合量に制限があることからもわかるように強い成分であることも事実ですから皮膚科などで使われる治療薬としてほ方が知られているのかもしれませんね。

ハイドロキノンは、メラノサイトの活性を抑えてくれる役割とメラニンが新たに作られるのを防いでくれる役割もありますから美白にはもってこいの成分ですね。

皮膚科などではシミの治療薬として使用されています。特にアメリカなどでは早くからシミに効くということから広く使用される成分となっています。

もちろん化粧品と皮膚科などで処方される薬とでは濃度に違いがありますが、それでも美白によいということではビタミンCやプラセンタなどの10~100倍もの効果があるということですから化粧品でも摂り入れていきたい成分ですね。

また、ビタミンCなどとは違って予防する為だけのものではなくすでに沈着しているメラニン色素にも働きかけることのできる成分となっているのは魅力的です。

ハイドロキノンの効果は濃度と関係する?

アメリカではかなり早い時期から美白を目的として化粧品に使用されてきたハイドロキノンですが、日本では化粧品に配合されるようになったのはごく最近の話となってきます。日本でも美白を目的とする化粧品にはかなり配合されているものが多くなってきています。

美白効果を期待して化粧品を選択するときにはハイドロキノンが配合されているものを選ぶようにしているという人も少なくないでしょう。でも配合されていればどれでも良いのでしょうか?そんなことはないのですよね。

医療機関でシミの治療などのために処方されるものの場合には一般の化粧品と比較すると濃度が濃いものとなっています。これは薬事法によって配合して良い濃度というものが決まっているためですが、こういったことを考えるとやはり少しでも濃度の濃いものを選んだ方がよいのではないかと期待してしまいますよね。

でも、実は濃度が濃いものの方が効果が高いとは言い切れないものともなっていますから十分に注意しましょう。

まず、一般的な化粧品に含まれている濃度は1~5%となっています。この濃度の中で化粧品を選択する場合にはどのくらいの濃度の物を選んだら良いのでしょうか。

それぞれの肌によって合うものには違いがあります。濃度が濃いものとなってくるとどうしても肌への刺激も強くなってきますから人によっては炎症を起こしてしまうということも考えられます。

濃度に関しては自分の肌に合うものを選択することが必要です。


b8e90701ec353e98e4bca40800fae3b9_s

ハイドロキノンの濃度

化粧品の中に含まれるハイドロキノンの濃度に関しては薬事法によって決まっていますが、その一般的な量は1~5%となっています。

まずは1~3%程度の濃度の化粧品ですが、これは濃度しては決して高いものではないのですが、肌が弱い人などの場合には、まずは濃度の低いものを使ってみるようにした方が良いかもしれません。確かに効果としては薄くなってくるのですが肌トラブルを起こしてしまってはそれどころではなくなりますから自分の肌に会っているかを確かめる意味でも濃度の低いものから使用するのがよいでしょう。

では4%以上というとどうなるのでしょう。効果は高いものとなってきますが人によっては、肌に刺激を感じることがあります。ピリピリとした刺激を感じるという人もいますから、必ずパッチテストを行うようにする必要があります。

化粧品では成分の濃度はとても重要なものとなってきますが、自分の肌に会っているということはもっと大事なことになりますから、濃度だけに気をとられることなくきちんと肌に合ったものを選択するようにしましょう。

ハイドロキノンの使い方

ハイドロキノンは自白を目指すの効果的ということが言われていますが濃度が濃いものであるだけに副作用も考えることが必要となり […]

続きを読む